遊びながら年齢別に段階的なステップで学ぶレゴスクール

遊びながら年齢別に段階的に学ぶレゴスクール

top

問題解決力を獲得していく3つのステップのプログラム

最初のステップは身の回りの生活環境や社会環境に視点をおいて、ブロックで色々な環境をじっくり考えて作ります。子ども達同士で生活ルールや思いやりの気持ち、共同作業をする理解を育てながら、実験活動を取り入れ、モノが動く構造、歴史と地理をテーマに想像力・創造力を引き出します。次のステップはさまざまな実験を通し、身の回りのモノの仕組みを物理的な視点から理解できるようにします。論理的な思考力を習得し、独自の発想と科学的視点を応用した課題解決にも挑戦します。子ども達同士、アイデアを出し合ったり、自分の意見を友だちの前で発表したりする自己表現の活動も採用します。3つ目のステップはレゴブロックのデジタルツールを活用し、身の回りの社会環境と科学の関連性を深め、現実の生活に役立つ新しいテクノロジーを考案していきます。自分達で計画を立て、課題を解決するプロジェクト学習に取り組みながら、プロジェクトを計画する構築力や実践力、コミュニケーション力、プレゼンテーション力を育てて行きます。

認定インストラクターによる年齢別の少人数制レッスン

レッスンを行うのはレゴ社が規定する研修を終えたインストラクターで、子ども達の発達と学びについて深い理解があり、レゴブロックの特性、特徴について実際に手を動かしつつ、学んだレゴスクールの認定インストラクターです。デンマークのレゴ本社で開発されたデザインと装飾により、学ぶことが楽しくなるスクールの空間で、年齢別に少人数制レッスンを行います。一人ひとりの自由な発想を大切に、子ども達に自分自身で考えるように指導して行きます。解決に制約のないオープンエンド方式で、インストラクターは子ども達の自由な発想を大切にし、創造性を刺激し、解決策に繋がるたくさんの道筋を見つけ、大きな視野を持ちながら問題解決力を育てて行きます。年齢別のカリキュラムを紹介します。

・3歳児からのカリキュラム
身の回りの人や物に対する興味・関心を広げ、自分の手や身体を使って遊びを通じて体感しながら、物事の仕組みを学びます。「動物の世話」や「愉快なモンスター」など毎回テーマを決めて作品を完成させ、1から自分で作り上げるオリジナル作品を達成させる喜びを体験します。レッスンの最後に自分で作品について説明することで表現力を身につけることができます。

・4歳児からのカリキュラム
一年を通して社会環境への関心を広げ、友だちと共同で作業を行うためのコミュニケーション力を育てます。物を比較したり測定したりして数学の基本要素を学び、飛行機が飛んだり、クルマが動いたりするために必要な機能を学びます。ゲームを通じて基本的なロジックの組み立て方、コミュニケーション力を学び、身近なコミュニティにある物を通して社会を学びます。

・5歳児からのカリキュラム
現実と空想の世界を旅しながら、豊かな創造力を育み、同時に現実と非現実を理解します。たとえば「陸と宇宙のミッション」をテーマにしたレッスンで国際宇宙ステーションについて想像を膨らませ、子ども達がそれぞれの宇宙船を組み立て、みんなの宇宙船が収容できる国際宇宙ステーションを共同作業で組み立てます。宇宙や地上の地理、空間概念について学び、協力して作業することの必要性を理解します。

・6歳児からのカリキュラム
数学や物理、テクノロジーの基本概念を自然に学び、ギアやアクセル、レバーなどの用語をその働きや仕組みを理解しながら、それらのパーツを使って組み立て、独創的なアイデアや分析力を作品で表現します。例えば「いろいろな機械の仕組み」というテーマで大型トラックを作り、車輪と車軸の仕組み、物理の基礎的な理解を深めます。

・7、8歳児からのカリキュラム
レゴサイエンス&テクノロジー基本セットを使用し、子ども達の好奇心や興味を引き付けるストーリーで身近な物の仕組み、理論的考え方、数学的見方などを体験、科学を応用した創造力と問題解決力を身に付けます。例えば「サーカスは大さわぎ」というテーマでは、竹馬に乗ったピエロ達が、誰が一番遠くまで行けるか言い争いを始め、距離を測る道具を作ってピエロの言い争いを止めることが課題です。

・8、9、10歳児からのカリキュラム
ワールド・ロボティクスの学習で、個性的なキャラクターが登場する楽しいストーリーをベースに4つのテーマでカリキュラムが展開します。段階的にコンピュータプログラミングやロボットデザインのスキルを身に付けます。例えば「ロボットスポーツキャンプ」というテーマでは、ロボットを使って素敵なアイスダンスショーを演出するというストーリーに合わせ、モーターの速度や方向、回転角度に変化を加え、ロボットの動きを調整することを学びます。

他のロボット教室でも使われるレゴマインドストームが教材

レゴ公式の教材「レゴマインドストーム」は他のロボット教室でも教材として、世界中で使われています。子ども達が自ら組み立て、プログラミングを行い、動かせる自立型ロボットです。単にテクノロジーを学ぶだけでなく、人の生活に役立つテクノロジーの活用や論理的な思考力を身に付けるための教材です。

 

関連ページ:レゴスクールの3~5歳児向けEarly Learningプログラム