レゴスクールの6~8歳児向けScience&Technology

レゴスクールのScience&Technologyプログラム

2

6歳児からのカリキュラムで物理や数学、テクノロジーの基本を学ぶ

「動物の体とその動き」というテーマでは、ブロックで動物の足や筋肉を組み立てて動かし、物理と生物学の基礎を学びます。他に屋内にある身近な家電や装置がどのような仕組みで動いているかを学ぶ「おうちにある物の仕組み」、仕事の現場などで動く機械の仕組みを組み立てながら把握する「いろいろな機械の仕組み」、現実にはない空想のマシン作りにチャレンジし、ユニークなアイデアや表現力を高める「発明家になろう!」のテーマがあります。
指定教材は「アーリーシンプルマシンセット」とワークブックです。月謝は12,500円(税別)、教材費は19,000円(税別)、ワークブック5,000円(税別)です。

7~8歳児からのカリキュラムで科学を応用した問題解決力を

子ども達の興味や好奇心を惹きつけるストーリー仕立てとなったテーマに合わせ、ブロックを使って身近な物の仕組み、理論的考え方、数学的見方などを体験、科学を応用した創造力、問題解決力を身に付けます。例えば「少年探偵ゲーリー」では、少年探偵とともに泥棒を捕まえたり、宝石を捜したりするミッションを行うための道具を発明しながら、身近にあるテクノロジーの仕組みを理解します。他に砂漠の無人島に流れ着いた一家のために、無人島生活が楽しくなるアイデアを出し、必要な乗り物や仕掛けを用途に合わせて発明する「さばくの島」、列車事故に遭い、興行できなくなったサーカス一座を助けて、回転木馬や電動タイマーを発明し、自分達のサーカス一座を創る「サーカスは大さわぎ」、旅行マシンでたどり着いた、機械仕掛けの不思議な生き物が暮らす島で、自ら不思議な生き物を発明する「不思議な島の不思議な生き物」のテーマがあります。指定教材は「レゴ®サイエンス&テクノロジーモーター付き基本セット」、「レゴ®エデュケーションアフタースクールプログラム組み立てガイド」とワークブックです。月謝は12,500円(税別)、教材費は23,200円(税別)、ワークブック5,000円(税別)です。

保護者からの声

6歳児カリキュラムの保護者:
「スクールに通うまでは大人しく、周りに流されるタイプだと思っていましたが、完成した作品はかなり個性的で、色々こだわりを持って製作しているようです。がんこな一面に驚きと嬉しい気持ちがあります。」
7~8歳児カリキュラムの保護者:
「レッスンの短い時間で作品を作り上げるので、他のことでも時間を考え、見通しを立てて作業するようになりました。学校の先生からも立体的に物を作ることができると言われます。」

 

関連ページ:レゴスクールの8~10歳児向けRoboticsプログラム